金融視点で考えるハイブリッド不動産投資法―新発想のスマート物件選び金融視点で考えるハイブリッド不動産投資法―新発想のスマート物件選び
(2010/11/30)
大林 弘道

商品詳細を見る



大林さんがお勧めするファミリー物件と


ワンルーム物件 どちらか良いですかね?



【ファミリーのメリット】
実需として売却が容易
購入金額が高額
入居が比較的長期間


【ファミリーのデメリット】
利回りが低い
現状回復費用が意外と高額
都内好立地にはあまり出回らない
都下は供給過剰気味


【ワンルームのメリット】
購入金額が安価
利回りが高い


【ワンルームのデメリット】
管理がよくない(と言われている)
入居が短期間





ファミリーもワンルームもそれぞれ メリット・デメリットがありますが、
目利きという点では、ファミリーの 方が必要な感じがします。


都下はファミリータイプといえども 供給過剰気味でしょうから、今後 
物件価格・賃料ともに下落すると 考えています。


都下とひとくくりに言っても、「良い 都下」と「悪い都下」があるん
でしょう が、住んでいないのでわからないのが 実情です。


熊谷駅徒歩5分 60㎡ 200万
とかなら買い集めても面白そうですがね。



あと 個人的には「建替え」を見据えたとき
ファミリーの方が合意形成が難しいと
思います。

なにせ自分が実際に住むところですからね。

ワンルームの方が意外とあっさりしている
印象があるのですが。。

やはり今は、単身世帯急増・23区のワンルー
ム規制等の外部環境考えたら、都心のナウイ
立地のワンルームが最強ではないかと考えていますが。。

とりあえず数年は都心ワンルームを集め、
数年後はドーナツ状に買っていくのも
良いかもしれませんね。そのころには
人口減少化の波をくらって二束三文かも
しれませんが。。。


熊谷とか 柏とか 横須賀とか。。。