合同会社を設立したのが失敗だという


話を前回しました。






昨年のこの時期に 税理士に確認したら、

会社設立しても、失業保険を給付するのは

問題ないですよとの言質をもらっていました。







(そもそも税理士ではなく社労士に確認しろ

という話ですが。。。)





なので何の疑問もなく会社を設立しました。




ただですねえ。





品川の職安に行くと、会社を経営している方は

給付の資格がありませんと書いてあるではない

ですか?








これで、毎月19万×5ケ月は給付されないこと

が確定しました。






そもそも給付の条件として「再就職する意思のある

方」という条件があるので、しばらく再就職する

意志のない私は給付資格が無いんですけどね。







しかも、会社を自分名義にしているので、もう全く

給付資格はゼロ。







せめて 会社名義を嫁や親名義にしていれば

問題なさそうですが、今はマイナンバーも登録し

なければならないので、これも限りなくグレーです。







刺される可能性があります。






そもそも、4週間に一度、給付を受けるために、

就職活動の報告であの辛気臭い職安に行くのも辛いな

と思っていたので、思い切って辞退しました。






職安に行かなくても職業訓練校に行く方も

いらっしゃいますが、なにせ「再就職する気が

ない」時点でアウトだと思いますが。。。






でもせっかくの失業給付じゃないですか?




(私の場合100万前後あり)





もったいないので、再就職する気がある気を

みせつつ、職業訓練校に行って、給付を受ける

のもありだと思います。






(不動産に関わる会社の名義は自分名義には

絶対にしないこと)






ただ 上記で支給を受けても良心の呵責に

苛まれるかもしれません。





失業保険の給付は各行政区で違うので よく

確認のうえ あくまでも自己責任かつ 事前に

信頼のおける社労士に確認されることを

お勧めします。