いま 実家のある広島のドトールから


更新しています。





明日から多くの方がGWでしょうが、


一足早く広島に帰省し、5月10日まで


広島に滞在する予定です。






年老いた両親に顔を見せるのが親孝行だし


あと数年すればそういう機会もなくなるでしょうし。





今回から数回にわたり、サラリーマンリタイア

から社会保険等の移行の話をしたいと思います。





昨年7月に合同会社を設立しました。



(これが大失敗のもとになるとは。。。)





リタイアしたら 絶対にやりたかったのが

小規模企業共済。





節税効果もあれば、20年やってれば(私が

70歳になるとき)2千万弱になる試算です。




さらに低利で借入することも可能です。





これはもうマストだと思います。





資料請求し りそな銀行の店頭で申し込みし

すぐ申し込み完了。




もう入りたくて入りたくてしょうがなかったので

退職前の2月に申し込みし、4月に3ケ月分

引き落としされました。






今後は毎月20日に7万円引き落とされる予定です。






次の資産形成上 重要なのがideco




会社で積み立ててきた確定拠出年金が1000万強

あるので、その移管も含めSBI証券で運用する

予定です。




これもご存知のように60歳までしか拠出できません。





私の場合 あと10年しかないので、サラリーマン

時代は3万5千円しか拠出できなかったのですが、

あと10年目いっぱい6万8千円拠出予定です。







予定といったのは、なにせ口座開設に時間がかかる。





3月中旬にSBI証券に申し込みしたら、実際に

退職日以降に書類を提出してくれとのこと。






でもう1ケ月たつのですが、やっとSBIから

「書類を受け付けしました。移行まで1ケ月かかり

ます」とメールがきました!!







idecoの開設及び移管は約2ケ月はみておいたほうが

いいですね。





最後に社会保険ですが、私の月額報酬は62000円

ですので健康保険料は約3千円、厚生年金は約1万6千円

になります。






厚生年金は インフレに弱いのが最大の決定なので

55歳前後から個人向け国債10年物(変動金利型)

でインフレ対策をする予定です。






これ すごい良いやり方だと思ってます。





長く勤めて年金もらっても15年~25年後にインフレ

だったら目も当てられないですもんね。






お近くの年金事務所で申し込みするのですが、

(4月に行くと混雑すると言われたので2月に

申し込み)

3月には 新しい健康保険証が届いており、

安心して病院に行っています。




納付することも可能ですが、めんどくさいので

銀行引き落としにしています。






(こちらは法人口座、小規模企業共済は個人口座

とまぎらわしい)






毎月20日には、引き落としされるとのこと

でしたが、まだ実行されていないのでGW明けに

年金事務所に電話して確認する予定です。






退職した4月以降に手続きをするのもアリなの

ですが、暇だった3月の在職中にすべての

手続きを終わらせました。






どっちがいいか判断つきかねますが、4月には

健康保険証が手元にあったのは 大きな安心感に

つながりましたし、小規模企業共済を少しでも

多くできたのはラッキーだと思います。





あとは確定拠出年金です。





68,000円×12ケ月×10年。



これをどれくらいの利回りで廻せるか?




いやー楽しみでしょうがありません。